【注意】復縁屋の詐欺の手口は?

復縁屋の詐欺の手口は?

復縁詐欺のイメージ

 

こんにちわ43歳、会社員男の敦夫と申します。

 

女房に逃げられ、復縁したくて、復縁屋の評判を調べ、復縁できた私が、イロイロ調べている途中に知った、復縁屋による詐欺の手口について解説します。

 

復縁屋に依頼しようと思われているかたは、事前にチェックしておくと良いかもしれません。

 

復縁屋による詐欺の手口は、シンプルに復縁工作をしているふりをして、実際になにもしない。

 

これが基本です。

 

なにもしなければ、コストもゼロですので、儲けは最大になります。

 

300万払ったとしたら、相手は何もせずに300万増える事になります。

 

むちゃくちゃですよね!!

 

なぜこんなことがまかりとおるのか?

 

  1. 復縁工作をしていると人にいえない、うしろめたさ。
  2. 民事不介入の原則。
  3. 何もしていない事の証明が難しい。
  4. たとえ問題に発展しても、返金すれば大事にはならない。
  5. プライベートの事を話しているので、それが弱みになる。

 

理由はこんな所です。

 

まず、復縁工作をしていると人にいえない、うしろめたさ。

 

詐欺にあったとしても、それがおおっぴらになると、家族や相手にばれてしまう。それが恥ずかしいから、泣き寝入りしてしまうのです。

 

つぎに民事不介入の原則です。警察は、盗まれた、暴力を受けたなど、なにか事件性がないと動いてくれません。

 

刑事事件の場合、逮捕など身体の自由をうばう事になりますから、それ相応の証拠が必要になります。

 

だから次の「何もしていない事の証明が難しい。」というのが重要になってきます。

 

復縁工作というのは、依頼者が知らない所で行なわれるものですから、ほぼ何もしていない証明ができません。

 

そして刑事事件になったばあい、それで金額が返金されるかといえば、それはありません。

 

返金を求めるなら、民事訴訟になります。

 

これほど、面倒なものですから、被害者側はどうしても、後ろ向きになります。

 

だから訴訟なども起こすケースも少ないし、また最悪示談で返金すれば、それでよかったとなりますから、「たとえ問題に発展しても、返金すれば大事にはならない」事になります。

 

大事にいたらないから、悪質な復縁屋も多く増えていきます。

 

また「プライベートの事を話しているので、それが弱みになる」という事もあります。

 

もし相手が私のプライベートな話を言いふらしたら、どうしよう。恥ずかしくて社会生活が送れない。

 

こういう不安で、訴訟を断念する方も多いのです。

 

以上復縁屋による詐欺の手口は、シンプルに復縁工作をしているふりをして、実際になにもしない。

 

という事、それは防ぐことがほぼムリです。相手の善意に任せるしかないのです。

 

ショックでしょ。

 

私も復縁屋に依頼しようと思っていたものですから、この答えに行き着いたとき、そうとうへこみました。

 

とはいえ、300万騙される事もなかったですから、それはよかったです。

 

もちろん「私は知りませんが…」本当にちゃんとしている復縁屋もいるでしょう。

 

しかし300万賭けれますか?私はムリでしたorz

 

同じ復縁希望者だからこそ、頼みたいあなたの気持ちは痛いほどわかります。

 

あきめられない私は最終的にとある復縁マニュアルを買って、復縁屋に依頼する料金の100分の1程度で復縁を実現しました。

 

その体験談を読んで、もし良いと思えば、実践してみるといいと思います。

 

成功率は80%以上と高いですし、復縁屋はそのあとから考えれば良いかもしれません。

 

体験談はこちら、「復縁屋の悪い評判を知り方向転換 女房に逃げられ復活した43歳男の体験談」です。